営業で提案書を作成するコツ

  • 営業で提案書を作成するコツ

    • 営業をする方にとって、提案書作成は大切な業務です。

      提案書とは、お客様の要望を聞いて、お客様に合った商品の企画を作成する業務のことを言います。


      営業をする方にとって、提案書を作成することに時間がかかってしまう方がいます。

      1つの提案書作成に時間がかかってしまうと、他の業務が出来なくなります。
      非効率なだけではなく、他の業務が出来なくなると、売上成績にも影響を及ぼしてしまいます。
      だからと言って、提案書作成の内容次第では成約率も変るので手を抜くことも出来ないのです。


      提案書作成のコツは短時間で効率よく作成することがポイントなのです。
      提案書は、個人だけで作成するとアイディアがまとまるまで、時間がかかります。

      また、アイディアをまとめるための材料探しに労力が必要になります。同僚の過去の提案書を見せてもらうことで、アイディアをまとめるための材料が増えます。
      アイディア材料が増えれば、提案書作成の時間が短縮することが出来るようになります。

      同僚の過去の提案書は、過去に実際行ったことがある提案なので、その時の成果を知ることが出来ます。
      営業の世界は成果が求められる世界です。

      そのため、過去の提案書が成功したか失敗したかを知ることは、今後の成果に繋げるための参考にもなるのです。
      成果が出た過去の提案書を参考にすることで、良かった部分を学ぶことが出来ます。


      良かったことを学び実践して行くことで成果にも繋がるのです。
      失敗した過去の提案書を参考にすることで、失敗をしないための学びをすることが出来ます。
      成功を増やして失敗を減らすことによって、良い営業が出来ます。

      みなさんのなかで、営業の仕事をされている人は居ますか。営業とは、自社の商品・サービスを購入してもらうために、お客さんを説得することを仕事としています。

      営業では、第一印象がきわめて大事になります。

      お客さんを買う気にさせるには、まず好印象を抱いてもらわなければいけません。初対面で、「何となくこの営業マンは、信頼できそうな人」というイメージをもってもらうことが大切です。

      ではどうすれば、好印象を抱いてもらうことができるのでしょうか。

      それは笑顔をまずは心がけましょう。


      そもそも人は、見ず知らずの人に声をかけられたら、誰でもその人に対して警戒心を抱いてしまいます。
      まして相手が何かを売ろうとしている販売員や営業マンだった場合には、よりいっそう身構えるはずです。

      その警戒心を解くためにも、笑顔は大切です。

      相手に不快感を与えない身だしなみも大切です。
      たとえば、スーツやシャツはよれよれになっていませんか。それと、髪型やヒゲ、ツメ、鼻毛等の手入れもしてください。
      それと営業の仕事では、お客さんは商品購入の一歩手前まで来ているのに、なかなか決断できないというケースが少なくありません。


      そんなときは、使用者の声など客観的な意見を活用して、お客さんの背中を一押ししてあげてください。


      商品の説明をする際は、いいこと尽くしではかえって不審に思われるだけなのでデメリットもしっかり話すことが大切です。上記のことを参考にしてください。

      一つ上の映像制作の見積に有益な情報の紹介です。

      東京の映像制作についての情報をまとめたサイトです。

      大阪のwebページ制作をご提案いたします。

      外国人観光客の情報を要約した情報サイトです。

      アクリル什器の情報はすぐに役立ちます。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9448810.html

      https://4meee.com/articles/view/99464

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12141228287

  • 関連リンク